買取専門いくらや | FC加盟店オーナー募集サイト
? お問い合わせ
お電話でのお申し込み・ご相談はこちら
FC加盟店オーナー募集サイト 0120-775-117
フリーダイヤルお申し込み・ご相談 無料資料請求 お問い合わせ
お役立ちコラム

独立・開業

個人でアパレル起業すると儲かる?立ち上げ方や利益率・年収などを解説

個人でアパレル起業すると儲かる?立ち上げ方や利益率・年収などを解説

個人でアパレルを起業する方法は、実店舗を構えるかネットショップで販売するかの2つの方法があります。この記事では、アパレルの立ち上げ方や儲かるのか、成功するためのコツなどについて解説します。

この記事の目次

アパレルショップの2種類の販売形態

アパレルショップには、オリジナルブランドショップとセレクトショップの2つの主要な販売形態があります。今回は、これらの2つのアパレルショップの違いについて詳しく説明します。

オリジナルブランドショップ

オリジナルブランドのアパレルショップは、独自のファッションアイテムを販売しているお店です。これらのお店では、自社のデザイナーやクリエイティブチームによってデザインされた服やアクセサリーを提供している店舗もあります。

一方で、OEM生産やODM生産を活用して、自社だけでなく他社に業務を委託して作る方法もあります。

OEM生産とは、設計と開発は自社で行い、生産を他社に依頼する方式です。ODM生産とは、設計と生産を他社に依頼して、自社では企画と販売のみを行う方式です。

オリジナルブランドの商品は独自のデザインやスタイルを持ってるので、他の商品と被ることがありません。

セレクトショップ

セレクトショップは、異なるブランドやデザイナーから選りすぐったファッションアイテムを一つの場所で提供するお店です。

セレクトショップは多くの異なるブランドから商品を選んで提供するため、多様なファッションスタイルをカバーします。オーナーが自由に仕入れることもできるので、あまり日本では販売していない商品を仕入れることで人気が出たりします。

個人でのアパレル起業方法

アパレルビジネスは、個人が自身のブランドを立ち上げるための魅力的な選択肢です。今回は、実店舗とネットショップ・ECサイトの2つのアパレル起業方法に焦点を当て、それぞれの特徴について説明します。

実店舗

アパレルビジネスを実店舗で展開する場合、直接顧客と対話し、商品を試着できるリアルなショッピング体験を提供できます。ファッション業界では、顧客が実際に製品を試着し、品質やフィット感を確認することも重要な要素です。

しかし、実店舗となると初期費用や運営コストもネットショップよりかかるというデメリットもあります。

ネットショップ・ECサイト

ネットショップやECサイトを活用することで、広範な顧客にアクセスでき、低コストでスタートできる利点があります。オンラインでの買い物客が増えているので、有効的な手段の1つです。

また、オンライン販売では、販売プラットフォームやソーシャルメディアを活用して広告やプロモーションを行うことで比較的低コストで実現可能です。

アパレルビジネスを始める際、実店舗とネットショップ・ECサイトの選択は重要です。実店舗はリアルなショッピング体験を提供し、信頼性を高めます。

一方、ネットショップは広範な顧客にアクセスしやすく、低コストでスタートできます。選択肢はあなたのビジネス目標と予算に合わせて検討しましょう。

アパレルショップ経営者の仕事内容とは

アパレルショップを経営することは、多くの様々な仕事が組み合わさった仕事です。お客様への接客、商品の仕入れや管理、ショップのディスプレイの整頓やアレンジ、お店のマネジメントについて、詳しく見ていきましょう。

お客様への接客

アパレルショップ経営者の仕事の中で、お客様への接客が非常に重要です。これは顧客との直接のコミュニケーションであり、商品の案内、試着のサポート、コーディネートの提案などが含まれます。お客様に良いショッピング体験を提供し、リピート顧客を獲得するためには、礼儀正しさ、知識、そして思いやりが必要です。

例えば、お客様がコーディネートに困っている場合、適切なアイテムを提案することが求められます。これは、カスタマーサービスの一環として、お客様との信頼関係を築く重要な役割です。

商品の仕入れや管理

アパレルショップの成功には、適切な商品の仕入れと効果的な在庫管理が欠かせません。

商品の仕入れには、ファッショントレンド、季節、在庫の回転率などを考慮する必要があります。過去の販売データを分析し、需要を予測することも大切です。

また、在庫の管理には、品質管理、値付け、商品の配置などが含まれます。商品が適切に管理されていないと、在庫過多や売れ残りが発生し、財務への負担につながる可能性があります。

ショップのディスプレイの整頓やアレンジ

ショップのディスプレイは、商品の魅力を引き立て、お客様の目を引くために非常に重要です。

アパレルショップ経営者は、ショップ内のディスプレイや陳列のアレンジを考え、商品が魅力的に見えるようにしましょう。これには、商品の配置、カラースキーム、照明、ショーウィンドウのデザインなどの工夫が必要です。

例えば、季節に応じた商品を前面に出し、季節感を演出することで、お客様の興味を引くことができます。

お店のマネジメント

アパレルショップの経営者は、店舗全体の運営とマネジメントに責任を負います。

これには、従業員のスケジュール管理、給与の管理、予算の策定、財務管理、広告とマーケティング、法的な規制への準拠などが含まれます。効果的な店舗マネジメントは、収益性を高め、経営を成功させるために不可欠です。

例えば、予算を設定し、各スタッフに目標を設定することで、店舗全体で目標に向かって頑張れるでしょう。

これらの仕事内容はアパレルショップの経営者に求められるスキルや責任の一部です。

アパレルビジネスは競争が激しい分野ですが、お客様へのサービス、適切な商品の管理、魅力的なディスプレイ、そして店舗の効果的な運営に焦点を当てれば、成功するチャンスを高めることができます。

個人でアパレルを起業すると儲かる?利益率と年収の目安

アパレルの起業は利益率が高めなので、比較的儲かる業種です。実店舗とネットショップの両方の年収について話していきます。

実店舗で起業した合、平均年収は250万円~400万円ほどです。

一般的にアパレルの利益率は40~50%ほどで高いので、服が売れるほど利益は上がります。オリジナルブランドを販売した場合、60~70%ほどの利益率とも言われているので、オリジナルブランドを売れる店舗にしていくことで、より稼ぐことができるでしょう。

一方、ネットショップの場合、平均年収は300万~1,000万円です。

利益率は実店舗と大きくは変わりませんが、店舗の賃料などもコストがかからない分、利益は残りやすくなります。ネットショップはコストも低く起業しやすい分、競合も多いです。そのため、売れない店舗も多く、生活に困る方もたくさんいます。

現代では、実店舗の方でもオンライン販売を行っている店舗も多いので、ハイブリッドで多様な働き方に挑戦することもいいでしょう。

個人でアパレルを起業するときの必要な資金

個人でアパレルを起業するときは、販売方法にもよりますが、初期費用や運営資金が必要です。以下で詳しくお伝えします。

アパレルショップ開業時の初期費用

アパレルショップの初期費用は、立地や販売方法、いろんな条件によって異なります。今回は、家賃が30万円の場所で開業したシミュレーションをしていきます。

項目 資金
物件取得費 180~300万円
内装工事費 200~500万円
什器等の費用 80万円
商品の費用 100~200万円
広告宣伝費 10~30万円
合計 570~1,100万円

こちらは実店舗で開業した場合の費用なので、ネットショップで立ち上げた場合は物件取得費や内装工事費、什器等の費用が要りません。結果的に、コストをかなり抑えることができます。

アパレルショップの運営費用

続いて、アパレルショップを運営していくにあたり、毎月必要なコストについてお伝えします。今回は、売り上げが300万円の店舗でシミュレーションをしていきます。

項目 費用 売り上げに対する目安
人件費 60万円 20%
賃料 30万円 10%
仕入れ 60~120万円 20~40%
広告宣伝費 0~30万円 0~10%
合計 150~240万円 50~80%

こちらも実店舗を想定しており、ネットショップであれば、賃料を抑えることができます。また、スタッフを雇わない場合は人件費も抑えることができます。

アパレルショップ起業時に必要な資格や役立つ検定

アパレルショップを起業する際、ビジネスに必要な資格、役立つ資格を取得することは重要です。以下で主な資格を紹介します。

開業届

アパレル起業時は開業届を提出する必要があります。

開業届は、新たに事業を始める個人事業主や法人が、役所に提出する書類のことです。開業届は事業を開始してから1か月以内に税務署へ提出しなければいけません。

古物商取引許可

販売する商品次第では「古物商取引許可」を受けることも必要です。対象の店舗は、古着の販売やリメイク、レンタル・交換を行う事業者になります。

もし、違反した場合は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられることがあるので、注意が必要です。

ファッションビジネス能力検定

ファッションビジネス能力検定は、ファッションビジネスにおける基本的なスキルと知識を測定する資格です。この資格は、ファッション業界に関心のある人やアパレルショップ経営者に適しています。

基本的な知識を問う3級、実務を経験し販売や事務作業ができるかを問う2級、教育機関で専門科目を履修し、実務経験を3年経験した人が取得する1級のグレードに分かれています。

ファッション販売能力検定

ファッション販売能力検定は、ファッション商品の販売に関するスキルを評価する資格です。商品の説明や提案、顧客とのコミュニケーション、販売テクニックなどが含まれます。

アパレルショップ経営者やスタッフがこの資格を取得することで、お客様に商品を魅力的に紹介し、購買意欲を高めるスキルを磨くことが可能です。2,3級は販売スタッフ向け、1級はマネジメント向けになります。

リテールマーケティング(販売士)検定

リテールマーケティング検定は、小売業界でのマーケティング戦略や企画立案、顧客対応に関するスキルを評価する資格です。アパレルショップ経営者やスタッフにとって、効果的なリテールマーケティング戦略を理解することは重要です。

この資格を持つことで、アパレルショップの経営者は効果的な販売戦略やキャンペーンを計画し、顧客のニーズに合わせたアプローチを確立できます。3級は販売員、2級は現場の管理者、1級はマネジメント・経営者向けです。

アパレルショップを立ち上げる準備や流れ

アパレルショップを立ち上げることはワクワクする冒険ですが、準備が必要です。ここでは、アパレルショップを成功させるためのステップについて解説します。

販売方法と起業方法を決める

アパレルショップを立ち上げる最初のステップは、販売方法と起業方法を決めることです。

販売方法は、自分でオリジナルブランドを立ち上げるのか、仕入れた商品を販売するのかを考えましょう。

起業方法は、実店舗での販売なのか、オンラインショップを運営するか、または両方を組み合わせるかの決定です。

実店舗とオンラインは立ち上げ方や準備が異なります。実店舗では立地調査や店舗決めを行い、オンラインショップではHPの立ち上げなどを行いましょう。

コンセプトとターゲット層を決める

ショップの成功にはコンセプトとターゲット層の明確な定義が不可欠です。コンセプトは、どのようなスタイルやブランドイメージか、男女、年齢層どの層をターゲットとするか、予算はどれくらいかなどを具体的に決めましょう。

もちろん、どの世代にも愛されるショップもあります。ですが、ターゲットを絞り込んだほうが、より専門性の高いショップにできるでしょう。

販売する商品を準備する

商品を仕入れて販売する場合は、仕入れ先を決める必要があります。

誰でも仕入れることができるサイトやメーカーや問屋などから卸す方法があります。最初からメーカーや問屋が契約してくれないケースも多いので、まずはサイトから仕入れることで経験と実績を積むことがおすすめです。

一方、オリジナル商品を作る場合は、どこまで自分が関わるのかを決めます。例えば、デザインだけ決めてあとは任せるのか、素材などもすべて一から考えるのかなどです。最初は手間を少なく簡単な方法から試して、慣れてきてから工程を増やしてもいいでしょう。

魅力的なHPや商品サイトを作る

オンライン販売を選択した場合、魅力的なウェブサイトが必要です。ホームページ(HP)や商品サイトは、商品の魅力を伝え、顧客の信頼を得るために重要です。

実店舗のように試着ができず、イメージもつかみにくい可能性もあります。なので、実際の着用感を詳細に伝える必要があります。

また、サイト自体が見やすく、使いやすいデザインや色味などにしましょう。

決済方法や配送方法を決める

オンライン販売の場合、決済方法と配送方法を選択しましょう。

決済方法は実店舗もですが、カード決済やQR決済などできるだけ多くの決済方法を準備することで、顧客満足度が上がります。

また、配送方法も事前に決めておくことも重要です。配送料や配送日数など業者によって異なります。

集客宣伝を行う

ショップができたら、集客と宣伝が不可欠です。SNS、広告、コンテンツマーケティング、地域のイベントなど、様々な方法で顧客を引き寄せる戦略を立てましょう。

特に、SNSは画像や動画などいろいろな方法でアピールができ、簡単にアクセスができるので、低いコストで多くの方に宣伝することができます。

個人でアパレルを起業するのに向いている人の特徴

アパレルビジネスを個人で起業することには、向いている人の特徴があります。以下では、アパレルビジネスに向いている人の特徴を紹介します。

ファッションやおしゃれが好きな人

アパレルビジネスはファッションとおしゃれに関連する分野です。したがって、ファッションやおしゃれに興味を持ち、情熱を持って取り組むことが大切です。

新しいトレンドやスタイルに敏感で、ファッションに対する洞察力があることが、成功の鍵となります。

休みの日に自分の買い物をしているときにも仕事のことを考え、競合の調査や最新の情報を取り入れることも大事です。

臨機応変に対応できる人

アパレルビジネスは変動が激しい業界であり、市場の需要やトレンドが急速に変化します。そのため、臨機応変に対応できる柔軟性が求められます。在庫管理、販売戦略、お客様対応など、さまざまな局面で柔軟性を発揮することが必要です。

例えば、クレームのお客様対応や、仕入れミスなど普段の業務に支障をきたす事態もあるでしょう。そこでも、1つ1つ冷静に解決していかなければいけません。

最新のトレンドや情報に敏感な人

ファッション業界は常に進化し、新しいトレンドやテクノロジーが現れます。成功するためには、最新のファッショントレンドや市場動向に敏感であり、情報を追いかけることが重要です。

例えば、VRで試着できるサービスや無人会計などファッション以外のテクノロジーの進化にも対応して、お客様が喜び便利に使える店舗にしていくことも重要です。

販売力やコミュニケーション能力がある人

アパレルビジネスはお客様とのコミュニケーションが重要です。お客様のニーズを理解し、商品を適切に提案できるスキルがあることで、信頼を勝ち取りたくさん売れるでしょう。

また、経営者は社外やスタッフとの間のコミュニケーションも大事で、ただ販売能力だけ高くても上手くいきません。常に相手のことを考えて行動できるようになりましょう。

個人アパレルショップの儲かる店と儲からない店の違い

アパレルショップを経営する際、成功と収益を上げるかどうかはいくつかの要因にかかっています。ここでは、個人アパレルショップの儲かる店と儲からない店の違いについて説明します。

商品の魅力や販売数

儲かるアパレルショップと儲からない店の違いの1つは、商品の魅力と販売数です。儲かる店は、魅力的な商品を提供し、それを多くの人に買ってもらいます。

商品のデザイン、品質、価格は、お客様にとって重要な要素です。良い商品を提供し、それを効果的に宣伝し、多くの人に買ってもらえるようにすることを意識しましょう。

リピーターの人数

儲かるアパレルショップはリピーターの人数が多い傾向があります。

リピーターは、過去に買い物をしたお客様で、商品やサービスに満足して何度も戻ってくる人々です。最新の服を入荷した際に連絡をするなどのお客様とのコミュニケーションの取り方を工夫することも大事です。

広告や宣伝方法

他の要因として、広告や宣伝方法があります。

効果的な広告戦略を持つことは、新しいお客様を引き付け、既存の顧客をリピーターに変えるのに効果的です。デジタルマーケティング、ソーシャルメディア広告、ポップアップ店舗など、様々な方法があります。

HPやSNSを活用しても、買ってもらいたいターゲット層にリーチできていなければ効果は薄いです。競合店舗の集客方法も勉強して、いくらか試行錯誤を繰り返す中で、どのように集客するべきかを学んでいきましょう。

個人のアパレル起業で儲かるためのコツ

アパレルビジネスは競争が激しい分野ですが、個人の起業家が成功するためには特定の戦略とコツが必要です。ここでは、個人のアパレル起業家が儲かるための重要なコツを紹介します。

ターゲット層に合った立地を選ぶ

実店舗の話になりますが、アパレルショップの立地は非常に重要です。適切な場所を選ぶことで、多くの潜在的な顧客にアクセスできます。周辺の競合店、通行人数、購買力などを考慮し、店の場所を慎重に選びましょう。

重要なことは、自分が想定しているターゲット層の事を考えることです。どんなにいい場所に店舗を構えたとしても、立ち寄ってもらえず、購入してもらえなければ意味がありません。

ネットショップも立ち上げる

実店舗を経営していく人も、ネットショップも運営することで、地理的制約なしに顧客にアクセスが可能です。単純に購入してくれる人が増え、ネットショップを見て実際に店に来てくれるパターンもあり得ます。

ただ、ネットショップも運営するとなると管理業務や作業も増えるので、経営状態を考えて行動しましょう。

コンセプトを明確にして競合との差別化を図る

アパレルビジネスの成功には独自のコンセプトが欠かせません。

競合他社と異なるサービスやコンセプトで戦う必要があります。誰に対して、どのような服を買ってもらいたいのかなどを明確にすることが大事です。

また、競合が売っていない商品の仕入れや多く買ってもらうことでの特典など工夫次第で競合との差別化を図ることはできます。

広告運用やSNSでの情報発信をする

広告戦略はアパレルビジネスで不可欠です。広告にも種類がたくさんありますが、商品の魅力を伝えやすいバナー広告はおすすめの1つです。

また、アパレル広告では、SNSの特にインスタグラム運用は欠かせません。多くのショップで活用されていて、自分のショップや商品、コーディネートを簡単に知ってもらえるのが特徴です。

もし、SNS運用も競合が多く上手くできない場合は、インフルエンサーなどを活用して宣伝してもらうのもいい方法です。ただ、すぐに結果が出にくいので、継続して続けることが必要になります。

顧客のニーズを理解する

お客様のニーズを理解することも大事です。お客様の好み、予算、購買動機を把握し、それに合った商品やサービスを提供しましょう。

いつも同じような服ではなく、トレンドに合わせたディスプレイに変えて、お客様を飽きさせず来店してもらうことが重要です。

そのためには、最新情報やトレンドに敏感になり、世間やお客様の声を聞き、フィードバックを受け入れる姿勢を持ちましょう。

データで売れ行きや顧客動向を確認・改善する

データ分析は現代のビジネスで非常に重要です。売れ行きや在庫の管理、顧客の嗜好を把握し、ビジネス戦略を最適化するためにデータを活用しましょう。

売れ残った商品はなぜ残ったのか、宣伝方法やディスプレイが悪かったのかなど、日々考え、改善していくことで売れるようになるでしょう。

ネットショップの場合、サイトの解析ツールを利用すると、どこをよく見ていて、どこでお客様がサイトを閉じたかなどもわかります。使える技術は積極的に活用しましょう。

最新のトレンドを常にチェックする

アパレルビジネスは常に変化する業界です。新しいトレンドやファッションの進化に対応するために、最新の情報を追跡し、商品ラインナップを更新しましょう。

トレンドはファッションだけに限らず、景気や趣味嗜好などあらゆるものからヒントを得ることができます。

経営の知識をつける

アパレルビジネスは商品提供だけでなく、経営スキルも必要です。会計、在庫管理、マーケティング戦略など、一定の経営知識を習得しましょう。

特に、マーケティングのスキルを持つことは重要です。売り上げを上げることに直結するので、なんとなく営業するのではなく、しっかりした理論や計画をもって行動することで成功につながります。

もし、自分が苦手な分野があれば、専門家に依頼することも有効な手段です。

服屋で働いてから起業する

アパレルビジネスの世界を理解し、経験を積むために、服屋での勤務を検討することも一つの方法です。現場の経験は、アパレルビジネスにおける成功への貴重な学びとなります。

実際に働くことでしか得られないことがあり、起業前に経験しておくことで失敗を未然に防ぐことができます。店によっても異なるので、複数社で経験することが良いでしょう。

また、アパレル業界にいることでできるつながりや関係は重要で、起業後に取引先になったり、お客様で来店してくれることもあります。様々なメリットがあるので、余裕があれば、起業前に実際に働いてみましょう。

まとめ

本記事では、個人でのアパレル起業について詳しく解説しました。

アパレルで起業したい人も増えてきています。利益率が高いので、成功する店舗多いです。しかし、しっかりした計画とマーケティング戦略が重要になってきます。

個人でアパレルを起業するのに向いている人の特徴

ファッションやおしゃれが好きな人

臨機応変に対応できる人

最新のトレンドや情報に敏感な人

販売力やコミュニケーション能力がある人

個人のアパレル起業で儲かるためのコツ

立地調査が大事

ネットショップも立ち上げる

コンセプトを明確にして競合との差別化を図る

広告運用やSNSでの情報発信

顧客のニーズを理解する

データで売れ行きや顧客動向を確認・改善する

最新のトレンドを常にチェックする

経営の知識をつける

服屋で働いてから起業する

詳細は本文で解説しているので、個人でアパレルを起業したい方は参考にしてください。

この記事に関連するキーワード

シェアする

  • LINE
  • LINE
https://ikuraya.jp/fc/column/independence/start-own-apparel-business
この記事の
URLをコピー

この記事の執筆者

フランチャイズ支援歴

S・M

買取スタッフ、店舗サポート

関連記事

おすすめ記事

フランチャイズ加盟店募集中!

お電話でのお申し込み・ご相談はこちら
FC加盟店オーナー募集サイト 0120-775-117
【受付時間】10:00 - 19:00(日曜定休)
無料資料請求 お問い合わせ