買取専門いくらや | FC加盟店オーナー募集サイト
? お問い合わせ
お電話でのお申し込み・ご相談はこちら
FC加盟店オーナー募集サイト 0120-775-117
フリーダイヤルお申し込み・ご相談 無料資料請求 お問い合わせ
お役立ちコラム

独立・開業

居酒屋を開業・経営するためには?開業資金や年収・成功するためのコツ

居酒屋を開業・経営するためには?開業資金や年収・成功するためのコツ

居酒屋は競合店舗も多く、コロナの影響もあり廃業率が高い業種の1つです。しかし、利益率が高いことや独自性を出しやすいスタイルなので、しっかりした計画をすると成功のチャンスも大きいです。この記事では、居酒屋の開業方法や開業資金、成功させるためのコツについて解説します。

居酒屋の経営は厳しい?廃業率が高い

居酒屋の経営は一般的に厳しいと言えます。なぜなら、開業する人も多いが、廃業する人も多いからです。居酒屋を含む飲食店の廃業率は、3年で7割、5年で8割にも及びます。実際に、中小企業庁のデータでは【宿泊・飲食業】の開廃業率はトップです。

また、東京商工リサーチの結果によれば、2023年1~5月のコロナ関連での廃業率は、居酒屋が飲食店の中でも最大でした。

つまり、コロナの影響で生まれた新たな生活様式の影響を受けていると言えます。さらに、徐々に元の生活に戻ってきている最中の価格高騰で客足も遠のいている状況です。

開業しやすい居酒屋ですが、しっかりと計画して経営を続けることの難しさを知ったうえで開業することが大事です。

居酒屋の開業・経営に必要な資金

費用

居酒屋を開業する際や経営を継続する上で、どれほどの資金が必要なのでしょうか。初期投資の段階から、日常の運営資金、そして資金の調達方法までを詳しく解説いたします。

居酒屋開業の初期費用

開業する際の初期費用は、居酒屋の規模や場所、コンセプトなどによって大きく変わります。一般的には、500~1,200万円ほどです。

項目 資金
物件取得費 150~300万円
内外装工事費 300~600万円
設備費 100~250万円
広告宣伝費 0~50万円
合計 550~1,200万円

上記は家賃15~20万円の物件を想定しています。物件がスケルトン物件か居ぬき物件によっても内外装費は大きく変わってきます。スケルトン物件は、何もないコンクリートの状態なので、費用は掛かりますが、一から自分の理想の店舗に近づけることができます。

一方、居ぬき物件は以前の店舗の内装や設備を残すので、全て自分の思い通りにはならないものの、費用を抑えれるのがメリットです。

また、厨房の設備なども新品ではなく、中古でまだ使える商品を使うことで、場合によっては費用を100万円以上も抑えることができ、SDGsにもなるのでおすすめです。

宣伝広告費は方法が色々ありますが、SNSを活用すると多くの方にリーチでき、費用も抑えることができます。

居酒屋経営の運営資金

開業後も、居酒屋の経営を継続するためには運営資金が必要です。特に初動期には売り上げが上がらず、予想以上の運用資金が要求されることもあります。一般的に居酒屋の経費は、80~90%かかると言われています。

項目 売上からの目安
人件費 30%
賃料 10%
原材料費 30%
光熱費 10%
広告宣伝費 0~10%
合計 80~90%

運営資金は売り上げが最初上がらないことを見越して、半年分は用意しておきましょう。

居酒屋の開業資金の調達方法

資金調達

居酒屋は開業に費用がたくさん必要です。自分で用意するのが難しい方のほうが多いと思いますので、以下の3つの方法を紹介します。

金融機関からの融資

多くの場合、銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受けることができます。しかし、審査は少し厳しめで、自己資金が求められることも多いので、初めての開業の方は審査に落ちることもよくあります。

信用保証付き融資…借主の返済が滞った場合に、信用保証協会が金融機関に「立て替え払い」を行う融資制度。その代わり、所定の信用保証料の支払いが義務である。

プロパー融資…保証人なしで自分で100%の責任を負う融資で、審査が厳しくなりやすい

金融機関の融資は上記のような制度があり、自分に合ったものを選びましょう。フランチャイズで開業する場合は、融資に関してもサポートしてくれる本部が多いので、審査に通りやすくなります。

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫での融資は、初めての人も審査が通りやすくおすすめです。

「新創業融資制度」…新たに事業を始める方や事業開始後税務申告を2期終えていない方を対象とした保証人や担保なしで上限3,000万円の融資制度

「新規開業資金」…新たに事業を始める方または事業開始後おおむね7年以内の方を対象とした、保証人や担保なしで最大7,200万円の融資制度

上記のような制度があり、金融機関の融資が通らなかった方や低金利でお金を借りたい方はおすすめです。

創業補助金・助成金の活用

一部の地域では、新しいビジネスをサポートするために補助金や助成金が提供されています。これは、特定の条件を満たす場合に受けられる資金です。

メリット: 補助金や助成金は、開業費用の一部をカバーするための貴重な支援です。条件に合致する場合、返済の必要がないことが多いです。

デメリット: 補助金や助成金は競争率が高いことがあるため、受給するまでに時間がかかることがあります。また、一部のプログラムには厳格な条件が設定されていることもあります。

居酒屋を開業・経営している人の年収は?

収入

居酒屋を開業した人の年収は、300万円~2,000万円以上とかなり幅があります。平均すると約600万円ほどだと言われており、店舗の売り上げ高、規模、コンセプトによっても全然違います。

例えば、売り上げが月500万円の店舗だとしましょう。経費は売り上げの90%かかると仮定すると、月収が50万円です。そのため、50万円×12か月で年収は600万円となります。

国民の平均年収は440万円ほどなので、平均以上は稼ぎやすいビジネスだと言えるでしょう。

居酒屋の開業に必要な資格や許可

資格

飲食店を開業する場合、必要な資格が主に3つあります。防火管理者は店舗の規模によりますが、しっかりと許可を得てから居酒屋を開業しましょう。

食料品衛生責任者

飲食店に1人以上は在籍していないといけない国家資格です。オーナーが自分で取得するか、従業員に取ってもらうか、資格保有者を雇うことが必要です。各都道府県で行われている講習を受講終了して、保健所に申請することで資格を取得できます。または、栄養士、調理師、製菓衛生師などの資格を保有している方は、保健所に申請するだけで大丈夫です。

飲食店営業許可

飲食店を営業するためには、飲食店営業許可を保健所に申請する必要があります。申請の前に食品衛生責任者を取得しておかないといけませんので、早めに準備しておきましょう。申請後、間取りや立ち入り検査等での審査が通れば、無事許可証が交付されます。

防火管理者

収容人数が30人以上の規模の飲食店を開業するときにのみ、防火管理者を設置しないといけません。従業員を含めた人数です。施設の延べ面積が300㎡以上の場合、甲種防火管理者(2日間で約10時間で8,000円の講習)の資格が必要です。逆に、施設の延べ面積が300㎡未満の場合、乙種防火管理者(1日約5時間で7,000円の講習)の資格が必要です。

居酒屋を開業する方法

開業

居酒屋を開業する際、どのような方法を選ぶかが重要です。個人経営とフランチャイズ経営の2つの方法が主流となっていますが、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。

個人経営で居酒屋を開業する

個人経営は、自らのコンセプトやアイデアを生かして店を運営する方法です。自由度が高く、自分の目指したい店舗にでき、自分のオリジナリティを最大限に活かしたい方に適しています。

メリットとしては、メニューや内装、営業時間など、全てを自分の意志で決められることです。せっかく開業するなら、一から自分の理想の店舗を追求したい方も多いでしょう。また居酒屋は利益率が高いので、メニューの工夫で利益をたくさん上げることができます。特に、アルコールや焼き鳥、刺身は原価の2~3倍で提供できるので、これらのメニューを活かしたメニューで利益を向上が狙えます。

一方で、個人開業のデメリットは、自分で一から全て開業までの工程を行わないといけないことです。特に、初めての開業となると右も左もわからない状態で始めることになります。後ほど紹介しますが、開業までのステップはかなりあるので、自分で全て行うと負担大きいです。

また、初期は店舗も認知されておらず、知ってもらうための宣伝も行い、売り上げが上がるようになるまで時間もかかる場合が多いです。

フランチャイズで居酒屋を開業する

フランチャイズは、既存のブランドやノウハウを元に、その系列店として店を開業する方法です。フランチャイズ経営は、安定したブランドやサポートを受けながら経営を進めたい方に適しています。

理由は、開業から経営までのノウハウや手厚いサポートが受けられるからです。さらに、既に認知度や信頼性があるため、集客がしやすいのも大きなメリットです。初期に店を認知してもらい、店舗を軌道に乗せると経営も安定していきます。

一方で、フランチャイズ加盟金やロイヤリティがかかることはデメリットになります。フランチャイズ加盟金は、様々なサポートやブランドを使わしてあげる代わりに支払わないといけない初期費用です。ロイヤリティは、売り上げの一部を毎月フランチャイズ本部に支払う制度です。

また、フランチャイズ本部の経営方針に従って経営しないといけないので、完全に自由な営業はできません。

まとめると、個人経営は、独自のコンセプトやブランディングを追求し、自由な発想で居酒屋を運営することが可能です。しかし、その分、経営に関するリスクも高まります。

一方、フランチャイズ経営は、既存の成功モデルを基に安定した経営を目指すことができますが、コストが多く、一定のルールや制約の中での経営となります。

どちらの方法を選ぶかは、開業者の価値観や目指す方向性によると言えるでしょう。自分自身の強みや情熱を信じ、最適な方法で居酒屋の開業を成功させてください。

居酒屋を開業する流れや準備

準備

居酒屋の開業は多くのステップを踏む必要があります。成功するためには、具体的な計画と準備が求められます。以下で、開業のための具体的な流れや準備について解説いたします。

コンセプトを明確にする

居酒屋を開業する際の最初のステップは、店のコンセプトを明確にすることです。誰をターゲットにするのか、どれくらいのか価格帯で料理を提供するのかなどです。

例えば、「利益を出すための店舗」か「近所や友達などが集まれるような店舗」にしたいかでも大きく異なります。店の特色や目指すイメージを具体的にすることが、成功の鍵となります。

事業計画を作成する

コンセプトが決まったら、具体的な事業計画を作成します。事業計画は、経営の方向性を示すとともに、資金調達の際の重要な資料です。

事業計画をもとに具体的なアクションプランを立てることで、今後どのように進めていくのかがわかり行動が具体化していきます。銀行や投資家は、事業計画書を基にあなたのビジネスの有望性を判断するので、しっかり作成しましょう。

立地調査や店舗探しをする

店舗の立地は、経営の成果に大きく影響します。良い立地は、店舗へのアクセスを向上させ、集客力を高める大切な要素です。駅からの距離や、主要道路沿いなど、顧客が来やすい場所が望ましいです。ただアクセスが良い場所を選ぶのではなく、コンセプトに合わせて、ターゲットとなる顧客層が多い場所を選びましょう。

しかし、アクセスが良い場所は賃料も上がる傾向があるので、注意が必要です。

資金の調達

開業には多額の資金が必要になります。運営資金のことも考えて、開業費用とは別に半年分の運営資金が残せるくらいの資金は必要です。先ほど資金調達の方法で紹介した方法で、適切な資金調達を行いましょう。

料金やメニューを考える

料金設定やメニュー構成は、売上や顧客の満足度に直結します。市場の需要や競合店との差別化を考慮しながら、適切な価格と魅力的なメニューを提供しましょう。コンセプトに合ったターゲット層の購買意欲や予算を考慮した価格設定が必要です。独自のメニューやサービスで競合との違いを出すことで、集客を促進しましょう。

店舗の内外装工事や設備工事

店舗の第一印象や機能性は、顧客の満足度に影響します。プロの業者と連携し、コンセプトに合った店舗作りが大事です。快適な店内空間は、顧客のリピート率を上げます。また、効率的なキッチンレイアウトや設備配置は、スタッフの作業効率を向上させます。

しかし、自分のこだわりを詰め込みすぎると予算オーバーになることもあるので、注意が必要です。。

資格取得や各種手続き

居酒屋の開業には、さまざまな資格や手続きが必要です。これらの正確な手続きを行わないと、開業後に法的な問題が生じる可能性があります。

食品衛生責任者など資格取得や営業許可など、必要な資格や許可をしっかりと取得しましょう。

スタッフの採用や教育

良いサービスを提供するためには、良質なスタッフの採用と教育が欠かせません。適切な採用活動を行い、新人教育を徹底することで、サービスの質を高めることが大事です。スタッフの接客態度やスタイルで顧客満足度を向上させることやリピーターを作りこともできます。

また、居酒屋は忙しい店が多いので、業務効率を高めるためにもスタッフ同士のコミュニケーションも必要です。1か月前には採用や教育を始めていきましょう。

広告宣伝を行う

新規開業の際、知名度や集客のためには広告や宣伝が不可欠です。SNSや地元メディアを活用し、効果的な広告宣伝を行いましょう。新規開業の際、多くの人々に店の存在を知ってもらう必要があります。

そして、適切な広告宣伝を行うことで、狙ったターゲット層を効果的に獲得することが可能です。

居酒屋の開業は、多くのステップと準備が必要です。コンセプトの明確化から始まり、事業計画、立地選び、資金調達、メニュー作成、店舗の設計、資格取得、スタッフ教育、そして広告宣伝と、一つ一つのステップを慎重に進めていくことが、開業の成功へと繋がります。

居酒屋を開業・経営するメリット

メリット

多くの人が日常的に利用する居酒屋。その魅力的な点は、開業・経営する側にも多々あります。具体的なメリットを以下で詳しく探っていきましょう。

利益率が高い

飲食業界における居酒屋の特徴の一つに、利益率の高さが挙げられます。居酒屋は、適切な価格設定とコスト管理を行うことで、他の飲食業種と比べても高い利益を得やすいです。

例えば、アルコール飲料は高い利益率を持ち、消費も盛んです。また、焼き鳥や刺身、枝豆なども利益を出しやすくなっています。メニューも豊富にあるので、利益を取りやすい経営スタイルと言えるでしょう。

店舗独自の差別化ができる

居酒屋は、そのコンセプトや提供する料理、サービスによって、独自の色を出すことが可能です。そのため、自分のアイディアや特色を最大限に活かすことで、競合との差別化を図ることができます。

例えば、若者向けにとにかく安くする、SNS映えを狙った派手な演出をする、海外のメニューを多く取り入れえるなどです。居酒屋は幅広い客層から支持されるため、独自のコンセプトで顧客を惹きつけやすいです。

しかし、色んなことをしすぎるとコンセプトがずれてしまうので、注意しましょう。

リピーターを作りやすい

居酒屋は、気軽に足を運びやすいため、リピーターを増やしやすい業種です。良質なサービスと料理を提供することで、常連客を増やすことができます。

行きつけの居酒屋にしてもらうために、料理の工夫はもちろん、接客にも気を遣いましょう。また、いつでも行けるようなカジュアルな雰囲気作りも大事です。

定期的に変わる季節のメニューや限定商品を提供することで、お客様の再訪を促すこともできるでしょう。

居酒屋を開業・経営することには、多くのメリットがあります。高い利益率、店舗の独自性、そしてリピーターの獲得という三つの大きなポイントを掴むことで、成功への道を切り開くことができます。

居酒屋を開業・経営するデメリット

デメリット

居酒屋経営には多くのメリットがありますが、一方で注意しなければならないデメリットも存在します。以下で、そのデメリットついて詳しく解説します。

労働時間が長くなりやすい

居酒屋経営者やスタッフの労働時間が長くなる傾向があります。特に開業初期は、経営者自らが店舗での業務を多く担当するため、長時間の労働が求められることが一般的です。

常に立ち仕事で長時間となると、疲労がたまりやすく体調が悪くなる方も多いです。また、人件費のコストを抑えるためにスタッフを悪労働下で働かせてしまい、結果辞めてしまうこともあります。

労働環境は定期的に見直しや改善をしていくことが重要です。

競合が多い

居酒屋業界は、新たな店舗が次々とオープンするので、厳しい競争環境が続いています。他店との差別化を図り、独自性を持ったサービスやメニュー提供が求められます。

ポイントやキャンペーンを継続することで、リピーターを増やすことが大事です。

食中毒などのリスク

飲食業界には、食材の取り扱いに関連するリスクが伴います。徹底した衛生管理とスタッフ教育が不可欠です。もし、食中毒が出てしまうと、店舗の信用が落ち、客離れが起きてしまいます。

さらに、保健所の立ち入り検査などを行い、営業停止や営業許可の取り下げもあり得ます。そうなると、廃業に追い込まれてしまうので、徹底的な注意が必要です。

居酒屋経営には多くの魅力がある一方で、長時間労働、競争の激しさ、そして食の安全への対応といった課題も存在します。これらのデメリットを理解し、適切な対策を講じることで、成功への道を確実なものにすることができます。経営の際は、メリットだけでなくデメリットにも目を向け、常に改善と向上を目指す姿勢が大切です。

居酒屋の開業や経営で成功するためのコツ

成功の秘訣

居酒屋を開業・経営する際、成功するためのポイントやコツは多数存在します。ただお店を構えるだけではなく、緻密な計画と戦略が求められます。以下で、成功への近道となるコツをいくつか解説していきます。

コンセプトをしっかり決める

店舗の基盤となるコンセプトの明確化は、経営の大きな鍵です。明確なコンセプトを持つことで、目指すべき方向やターゲット層が明確になり、戦略的な経営が可能となります。

・場所は?→出店地域
・内容は?→メニュー
・誰に?→ターゲット層
・どのように?→経営スタイル
・いくらで?→価格

などを具体的に決めましょう。

決めることで、自分が想像していた居酒屋像が具体的になり、理想と合致するか、相違しているのかがわかります。

例えば、安い居酒屋として勝負する場合は、いかに仕入れを安くし、回転率を上げられるかがカギです。もし、落ち着いたデートにも使えそうな店にする場合は、オシャレで単価が高いメニューを提供できるかどうかです。

出店地選びをしっかり行う

立地は飲食店経営の成功を左右する重要な要素です。 良い立地に出店することで、集客力を高め、売上の向上が期待できます。

例えば、駅近や人通りの多い場所は自然と集客が増えるので、売り上げは上がります。しかし、賃料が高くなり、人件費も多少上がることに注意です。

一方、アクセスは良くない場所でも、隠れた名店のような感じでクオリティ勝負したい方にはいいかもしれません。リピーターや口コミで入店する方だけでも収益を上げれる事業計画にすると上手く経営できるからです。

必ずしも人が多い場所に出店することが正しいわけではなく、自分のコンセプトに合った立地を探すことが重要です。

利益を出せるようにメニューを工夫する

利益を最大化するためのメニューの工夫は必須です。原価や季節を考慮したメニューの構築と価格設定を行うことで、利益を最大化することができます。

例えば、

・アルコール
・焼き鳥
・刺身
・揚げ物

などは比較的利益を上げやすいメニューです。

そのため、利益を出しやすいメニューをいかに頼んでもらうかが重要です。アルコールを頼んでもらいたい場合は、居心地のいい雰囲気作りや最高のアテの提供が大事です。

 SNSなどを駆使して集客をする

現代のマーケティングでは、SNSの活用は欠かせません。

SNSを活用することで、店舗の情報拡散や新規客の獲得、さらにはリピーターの増加を期待できます。SNSは瞬時に多くの人々に情報を届けることができ、動画でも印象を与えることができるので、行った時のイメージが湧きやすいです。

また、投稿が頻繁に人の目に入ることで、親近感が勝手に湧いて、行ってみたいとなる人も多いそうです。さらに、SNSアカウントの運用や投稿はほとんど無料でできるので、費用も抑えることができます。もちろん、グルメサイトなどの掲載もやりつつ、色んな方法を試してみましょう。

独りよがりにならないように他人の意見も聞く

自分の意見だけでなく、外部の意見も重要です。

自分の居酒屋なので自分の好きなように経営する方は多いですが、必ずすべてが上手くいくわけではありません。そこで、客観的な意見やフィードバックを取り入れることで、サービスの質や店舗の運営をより良くするヒントを得られます。お客様だけではなく、日々一緒に働くスタッフの意見も重要です。

また、成功している人の意見を聞くのもいいでしょう。既に成功している人は、今ぶち当たっている問題やトラブル解決方法を知っています。プライドを捨て、周りの意見を聞いたうえで、店舗改善をしていきましょう。

居酒屋の開業や経営で成功を収めるためには、多岐にわたる考慮点や取り組みが必要です。上記のコツを参考にしながら、日々の運営に役立てることで、持続的な成功への道を歩んでいくことができるでしょう。

まとめ

本記事では、居酒屋の開業について詳しく解説しました。

居酒屋を開業するにあたり様々な準備が必要で、しっかりした計画を立てることで成功に近づくことができます。

居酒屋を開業する流れや準備

・コンセプトを明確にする
・事業計画を作成する
・立地調査や店舗探しをする
・資金の調達
・料金やメニューを考える
・店舗の内外装工事や設備工事
・資格取得や各種手続き
・スタッフの採用や教育
・広告宣伝を行う

居酒屋の開業や経営で成功するためのコツ

・コンセプトをしっかり決める
・出店地選びをしっかり行う
・利益を出せるようにメニューを工夫する
・SNSなどを駆使して集客をする
・独りよがりにならないように他人の意見も聞く

詳細は本文で解説しているので、居酒屋で開業したい方は参考にしてください。

 

この記事に関連するキーワード

シェアする

  • LINE
  • LINE
https://ikuraya.jp/fc/column/independence/opening-of-an-izakaya
この記事の
URLをコピー

この記事の執筆者

フランチャイズ支援歴

S・M

買取スタッフ、店舗サポート

関連記事

おすすめ記事

フランチャイズ加盟店募集中!

お電話でのお申し込み・ご相談はこちら
FC加盟店オーナー募集サイト 0120-775-117
【受付時間】10:00 - 19:00(日曜定休)
無料資料請求 お問い合わせ